キャリアの棚卸の進め方 < キャリアの棚卸テンプレート >

キャリアの棚卸の進め方
< キャリアの棚卸テンプレート >

転職活動を始めるにあたって、キャリアの棚卸を行うことはとても大切です。キャリアの棚卸とは、今まで行ってきた仕事を振り返る作業です。キャリアの棚卸を行うことで、「これまでの実務経験を通じて、今の自分にできること・強み」「これからやっていきたいこと」が明確になります。

転職活動ときくと、求人をみることから始めるという方も多いのですが、このようなやり方で進めると、「自分に合う求人がわからない」「やりたいことがみつからない」「職務経歴書の作成が進まない」「面接で上手く話せない」という状態に陥りやすく、結果として転職活動の目的が内定を取ることになってしまい、満足のいく転職ができなくなってしまうことも多いです。

転職活動をスムーズに進め、満足度の高い転職をするためにもキャリアの棚卸をしっかりと行うことは大切です。

キャリアの棚卸をやってみよう!

キャリアの棚卸では、所属部署の規模(人員構成)や部署内での役割、社内外問わず関わっていた人、担当していた業務内容、目標としていたこと、工夫したこと、実績、得られたスキル、やりがいや達成感を感じたことなどを詳細に書き出し、整理をしていきます。

転職活動では、これまで行ってきた仕事やそこから得られたスキルなどをアピールすることが大切ですが、これまで行ってきた仕事のすべてを詳細に覚えている人はいないと思います。そのため、まずは過去を振り返って、これまで行ってきた仕事(配属先やプロジェクト名、担当していた業務内容など)を思い出すことからはじめてみましょう。

時間をかけてじっくりと思い出し、内容をできるだけ具体的に書きだすことで、求人を探す際だけでなく、後の応募書類作成や面接準備もとても楽になります。キャリアの棚卸は手を抜かずに、しっかりと時間をとって取り組みましょう。

これまでに行ってきた仕事のすべてを書き出すことができた後は、その仕事においての実績や評価を簡潔に記載していきます。キャリアの棚卸の作業ができると、転職希望先の仕事内容と関連する経験を抽出して職務経歴書を書くことができるため、その後の転職活動がとてもスムーズに進みます。

また、アルバイトの経験も立派なキャリアになります。例えば飲食店でアルバイトをしていた方は、そこでどのような時間帯で働いていたか、どのようなお客様が多かったか、お客様からありがとうと言われたり、一緒に働く仲間から感謝されたときは自分がどのような行動をしたときだったか、などを1つ1つ書き出してみましょう。

キャリアの棚卸テンプレートダウンロード

キャリアの棚卸テンプレートをExcel形式でダウンロードする

キャリアの棚卸テンプレートをExcel形式でダウンロードする

タイトルとURLをコピーしました