円満退職のための手順

円満退職のための手順

転職活動で無事に内定をとれても、現職での退職手続きで苦労する場合があります。スムーズに内定先の企業へ転職をするためにも、現職を円満退職することは大切です。「退職理由をどうするのか?」「どのタイミングで伝えるのか?」などにより、円満退職ができるかが分かれます。

スムーズに転職をする以外にも、円満退職がいい理由は2つあります。

1つ目の理由としては、円満退職のほうが気持ちがいいというのがあります。現職の人は辞めてしまえばもう会うことのない人かもしれません。それでも文句を言われたりするより、表面上だけであっても争わずに退職するほうが気持ちがいいです。

2つ目の理由は、意外にも、現職で知り合った人とのつながりが転職後も続くケースがあるためです。完全に人間関係が切れることもありますが、同じ業界への転職の場合は当然として、他業界への転職でもどこかでそれまでの人脈が生きるということもあります。また、自分自身が意図していないところでつながりがあることもあるため、できる限り円満退職ができるように努力する方がよいでしょう。

円満退職をするための「退職を告げる時期」

転職希望者からすると転職先を決めてから退職を告げたいという気持ちが強いと思います。

一方で、退職者がでるとなると、企業視点では、少なからず組織上の人員構成に影響がでます。退職をするにしても、なるべく早く教えてほしいというのが企業の本音です。

退職を告げる時期は、民法上は退職日の2週間前とされています。ですが、人員調整があるため、企業の多くは、「1か月前までに告げること」という就業規則を定めています。円満な退職をするためにも、就業規則は事前に確認をしておきましょう。

また、就業規則とは別に「自分が抜けた場合にどういう影響があるか」を考えておくことも円満退職には欠かせません。長い年月、その企業で勤めており、管理職クラスなど、ある程度高い役職やポジションに就いている場合には、引継ぎ業務に数か月かかるケースもあります。

逆に勤続年数が2~3年未満などで短い場合には、就業規則の期間内(1か月程度)ですんなり辞められるケースが多いです。

円満退職をするための「退職理由」

円満退職を目指す場合、基本的には退職理由を企業側の理由ではなく、自分の理由として伝えたほうが理解が得られやすい傾向があります。

企業側の理由として多いのは、「給与が低い」「キャリアアップができない仕事」「残業が多い」「人間関係が合わない」などです。退職理由としてこのようなことを企業へ伝えると、半数以上の人は給与の引き上げや部署異動などを上司や人事から提案されるでしょう。

この場合、新しい人を採用するコストや人員調整の手間を省くために、一時的な処置で引き留められていないか、冷静に考えてみることが大切です。本当に退職理由が解決される提案であればよいのですが、長期的に考えると根本的な解決には至っていないということも多く、結果的にその時は退職を留まったという人も、数年以内には転職活動を再開しているということが多いです。

逆に現職から理解が得られやすい退職理由は、「●●に昔から興味があり、その仕事に転職したい」「開業・独立をしたい」「家庭の事情」「体調不良のため療養する」などです。自分の理由は、企業側ではどうしようもないため、無理な引き留めに合うことも少ないです。

退職をするために一番大切なこと

退職をスムーズに進めるためにもっとも大切なのは、退職するという意思をはっきりと伝えることです。明確に退職意志を伝えることで企業からの執拗な引き留めはなくなります。転職先で気持ちよく新たなスタートを切るためにも、円満退職を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました