< 製造スタッフ > 仕事内容・年収・働き方 LGBTの働きやすさは?

< 製造スタッフ >
仕事内容・年収・働き方
LGBTの働きやすさは?

製造スタッフの仕事内容

私たちの身の回りにある電化製品や日用品、洋服、食料品など直接的に消費するものや、その手前の部品や研究用試作品などの中間財(部品)など、あらゆるモノを造ることが、製造スタッフの役目です。

製造スタッフの仕事は、基本的に工場での仕事になります。多くの工場では機械化・自動化が進んでいるので、肉体労働や職人の仕事というものは少なく、未経験者が働きやすいようにマニュアルがしっかりある仕事が多いです。

具体的には、実際に自分の手で組み立てや選別などを行う仕事、機械を操作する仕事、製造されたものを検品する品質管理の仕事、モノを梱包する仕事など、工場の中にもいろいろな役割分担があります。いずれも一人で行うというよりはチームで行う仕事が多いです。

製造スタッフの年収と働き方

製造スタッフの年収は、努める企業や年齢によって変動しますが、一般的には、200~400万円程度が多いと言われています。未経験から始められる仕事も多く、またアルバイトやパートという雇用形態で働く人も多いので、平均年収は低い傾向があります。

勤務形態も企業によって様々です。製造する製品によっては24時間工場が稼働しているケースもあるので、シフト制や夜勤があるという働き方も多くみられます。また休日も土日に限らず、平日休みも含めたシフト制というのが一般的です。シフト制の場合、勤務時間が明確に定められているので残業が少ないケースも多いです。

未経験からでも働きやすい環境を整えるということを大切にしている企業も多くあり、休日や勤務時間、諸手当などの福利厚生などに力をいれている企業もあります。またお盆や年末年始などで工場全体が休みとなる場合は、長期休暇がとれる企業もあります。

製造スタッフの魅力

製造スタッフの1番の魅力は、私たちの生活に欠かせないモノを、イチから造り上げられることです。直接、その製品を購入したお客さまから感謝の言葉を聞く機会などは少ないかもしれませんが、自分が製造に携わった製品が、実際に店頭に並んで販売されているのを見たときには大きな達成感を味わうことができます。

手作業で製造する場合には、モノ造りの専門的な知識やスキルも身に着けられるので、まさに手に職をつけることができる仕事といえるでしょう。

また、マニュアル化された仕事ではありますが、その中でも働く人によってスピードや品質に差はでてきます。自分のちょっとした心がけが結果に表れるという喜びもあります。

チームでの仕事は多いですが、基本的に不特定多数の人と接する仕事ではないので、人によっては自分のペースが守れてストレスが溜まりにくいというメリットもあります。

何より、未経験から正社員で働けるというのも大きな魅力です。

製造スタッフとLGBT

製造スタッフは、原則として工場での勤務となり、基本的に作業着や制服があります。作業着は男女で差がないことが多く、また男女などの性別による仕事内容の差もあまりないので、トランスジェンダーやXジェンダーの方にとっては働きやすいという声もあります。

こんな人におススメです!
  • モノ造りが好きな人
  • マニュアルがあり、コツコツとした作業が得意な人
  • 未経験でも正社員で働きたい人
タイトルとURLをコピーしました