< CADオペレーター > 仕事内容・年収・働き方 LGBTの働きやすさは?

< CADオペレーター >
仕事内容・年収・働き方
LGBTの働きやすさは?

CADオペレーターの仕事内容

CADとは「Computer Aided Design(コンピュータ支援設計)」の略称です。パソコン上で機械部品や建築物などの設計・製図を行うためのシステムおよびソフトウェアのことです。CADオペレーター職とはこのソフトウェアをつかって、設計・製図を行う仕事で、デスクワークの一種です。設計者やデザイナーが考えた形をCADに入力し、図面や3Dのデータとしてコンピュータ上で利用できる形にします。また、設計やデザインに変更があったとき、その変更に沿ってデータを修正します。

CADオペレーター職は設計者とは違い、自分が形状などを考えるのではなく、設計者が考えた形を図面に表現する仕事です。

CADオペレーターの年収と働き方

CADオペレーター職は、簡単な操作であれば比較的簡単に覚えることができるので、未経験者でもなれます。CADオペレーター職の未経験時の年収は、300万円を切るケースも多くあり、給与水準は高くはないですが、経験を積めば300~400万円程度の年収は期待できます。

図面を書くだけの仕事の場合は、400万円前後で年収が頭打ちとなるケースが多いです。CADのスキルを積んだうえで、設計や開発という分野までできるようになると、業界によっては年収1000万円を超えるケースもあります。

開発や工事の納期に関連して、CADの図面の納期もあります。納期が迫っている中での修正などがあると、残業が必要になるケースもあります。派遣型の場合は比較的残業が少なく、月間10時間未満という職場もたくさんあります。

CADオペレーターの魅力

一般事務をはじめとして、デスクワークの職種は正社員の求人数が少なく就職が厳しい状況にあります。その中で同じデスクワークですがCADオペレーター職は比較的、応募者が少なく未経験でも就職しやすいという魅力があります。

未経験であっても、一定のスキルを身につけられるので、一般事務職よりは年収が高くなる傾向があります。また専門スキルなので転職して生かすことも可能です。

派遣型の職場では、決められた時間内で働くという働き方ができるので自分の時間を大切にしたい人には魅力的な職種です。

CADオペレーターとLGBT

LGBT当事者にとって、CADオペレーター職が働きやすいとか働きにくいということは特にはありません。ただCADオペレーター職自体は女性が従事している割合が多い職場です。LGBT当事者の中で、職場環境として女性が多いほうがいいというこだわりがある人にとっては働きやすい職場になります。

また制服着用のケースもありますが、内勤のため自由というケースもあり、服装も含めて働きやすい職種と考えるトランスジェンダーの方も多くいます。

こんな人におススメです
  • モノづくりが好きな人
  • デスクワークの仕事にこだわりがある人
  • 地道な作業をコツコツとできる人
  • シングルタスクに集中したほうが成果が上がる人
タイトルとURLをコピーしました