< 介護 > 仕事内容・年収・働き方 LGBTの働きやすさは?

< 介護 >
仕事内容・年収・働き方
LGBTの働きやすさは?

介護の仕事内容

介護職は、老人ホームなどの施設内または自宅に訪問して、お年寄りの身の回りのお世話をする仕事です。主に利用者の日常生活の介助や身体の介助を行います。

具体的には身体の介助としては、食事・排泄・入浴の介助などがあります。また生活の介助としては居室整備、リネン交換、買物代行、散歩付添、レクリエーション企画・運営などがあります。

施設には、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)、介護老人保健施設、有料老人ホーム、認知症グループホーム(認知症対応型共同生活介護)の居住型と、デイサービス(通所介護)、デイケア(通所リハビリテーション)などの日帰り施設があります。

介護の年収と働き方

介護職は資格と経験により年収が異なります。介護職の主な資格としては初任者研修、実務者研修、介護福祉士(国家資格)があります。初任者研修を持っている場合は年収300万円前後、介護福祉士を持っている場合は年収350万円前後が平均です。また、介護施設の多くは様々な手当(資格手当や夜勤手当、処遇改善交付金など)が用意されているケースが一般的です。

入居タイプの介護施設は、24時間体制のため夜勤が発生します。そのため、原則シフト勤務です。早番、日勤、遅番、夜勤などの交代制になっているところが多いです。

労働時間は8時間程度を基準に決められていますが、職員の欠勤や辞職があると、施設によってはその分をほかのスタッフで補い、残業になることも考えられます。

シフトや休日に関する希望の通りやすさは、施設により異なります。

介護の魅力

介護職の最大の魅力は、利用者に笑顔で「ありがとう」といってもらえることです。特に入居型の施設では同じ利用者を長時間・長期にわたって介護できるので、信頼関係を作り、その人の個性や好みを把握しながら、自分なりによりよい介護の工夫ができます。利用者と接していく中で作られる信頼関係や利用者の人生経験に触れられることも魅力です。誇りをもって働いている人がたくさんいます。

介護職は体力が必要、夜勤がありキツイと感じる人もいます。最近は施設によっては機械の導入により職員の肉体的負担を軽減しているケースも増えてきており、また日勤帯のみのデイサービス(通所介護)などもあるため、キャリアを変えずに働き方を柔軟に変えられるのも魅力です。

また夜勤があることで手当がついてお金を貯めやすいというメリットもあります。施設によっては休日などが比較的希望通りとれる場合もあります。

介護職は未経験からのスタートも可能ですが、キャリアアップをしていくためには資格と経験が大切です。学歴不問という求人が多く、資格を取得していくことでキャリアアップがしやすく、手に職がつくので、他の施設への転職など、働くうえでの選択肢も増える職種といえます。

介護とLGBT

介護職はかなりLGBTフレンドリーな職場環境が多いです。通勤時の服装が私服可や、勤務時の制服が男女共通という職場が多いです。仕事内容で男女に分かれることも少なく、トイレなども男女共用トイレが設置されているケースが多いため、トランスジェンダーを中心にLGBTにとって働きやすい環境であると言えます。

また、介護施設には多様な利用者がいることから、LGBTも含めて多様性を受け入れている環境であることが多いようです。

実際に前職で一般企業に就職し、「男なんだから」「女なんだから」と言われ続けてきた人が、介護職に転職したところすごく働きやすいと感じているという声も多いです。

こんな人におススメです!
  • 人と接することが好きな人
  • 思いやりがあり、優しい人
  • キャリアを確実に積み上げていきたい人
  • 未経験で安定した収入を得たい人
タイトルとURLをコピーしました