< 施工管理 > 仕事内容・年収・働き方 LGBTの働きやすさは?

< 施工管理 >
仕事内容・年収・働き方
LGBTの働きやすさは?

施工管理の仕事内容

施工管理職とは、電気工事・土木工事・管工事等の工事現場において、施工の全体管理を行う仕事です。施工の全体管理は、工程管理・安全管理・品質管理・原価管理の4つに区分することができます。

・工程管理・・・現場が期日までに完成するように、職人や重機の手配をおこない天候不順などのアクシデントにも対応し、全体スケジュールの管理を行うこと。

・安全管理・・・工事において事故が起きないように、消火設備の設置や危険な作業場所の改善など現場の作業の安全の管理を行うこと。

・品質管理・・・工事に求められている品質や、地方自治体によって定められた品質基準をみたした工事ができるように、材料などの管理を行うこと。

・原価管理・・・資材の発注や人件費のコントロールなど工事全体の費用が予算内に収めて工事を完成させられるように、管理を行うこと。

似たような職種として「現場監督」というものがあります。どちらも工事現場での管理監督にはなりますが、施工管理職の場合は、現場での監督業務だけでなく、関連業者との打ち合わせや必要書類の作成などのデスクワークを行うことが多いです。

施工管理の年収と働き方

施工管理職の年収は、経験や任せられる仕事内容にもよりますが、資格の有無も大きく影響します。施工管理に関連する国家資格を取得した場合には、平均で500万円前後という収入を得ることが可能です。これは働く人全体の平均年収よりやや高い金額となっています。大手のゼネコンなどでは年収1000万円を超えるケースもあります。

建設業界は繁忙期と閑散期があります。特に公共事業を請け負う場合には年度内の完成引き渡しが求められることも多く、3月末や9月末は繁忙期にあたることも多いです。

このような企業の場合には逆にその間の4月~6月などは閑散期となり、残業も少なく、有給なども取りやすい傾向があります。

施工管理職の多くは、土日祝日が休みになります。ただし現場によっては、竣工前で休日返上で働く、残業をして間に合わせるというようなことが発生することもあります。

施工管理の魅力

施工管理職の魅力は大きく3つあります。施工管理職の仕事は、関係者の調整をして一つのプロジェクトを成功に導くための司令塔のような役割です。そのため、調整の難しさや納期のプレッシャーなどの大変さもありますが、その分、完成したときの達成感はとても大きいと言えます。成果物があることで、充実感につながりやすいのも特徴です。

また、施工管理職として経験を積み、資格を取得していくことで、高い年収を得ることも可能になります。学歴などを気にせず、自分の努力と成果で高い年収を得られるというのは魅力です。

施工管理職は、プロジェクトマネージャーと呼ばれることもあります。一つのプロジェクトの責任者としてマネジメントをしていくという経験は、施工管理以外の業界や職種でも生かせる経験になります。いろいろな業界で役に立つスキルを身につけられるというのも施工管理職の魅力です。

施工管理とLGBT

施工管理職は、男性社会という風土が比較的強いです。建設現場ではLGBTに理解があまりない環境もありますが、一方でしっかり仕事ができればセクシュアリティに関わらず認められる環境でもあります。実際に、『男性社会だからこそ、男性として働きやすい』というFTMトランスジェンダーの方からの声も多く頂いています。

こんな人におススメです!
  • 人と接することが好きな人
  • 若いうちから高い収入が欲しいという人
  • 計画をたてることが好きな人
  • 将来、キャリアアップをしていきたい人
タイトルとURLをコピーしました