< ドライバー > 仕事内容・年収・働き方 LGBTの働きやすさは?

< ドライバー >
仕事内容・年収・働き方
LGBTの働きやすさは?

ドライバーの仕事内容

一口にドライバー職といっても、その種類は様々です。運ぶモノや走る距離・時間によって、仕事内容や働き方は変わってきます。

たとえば、運ぶモノにおいては、依頼を受けた荷物を指定の場所まで運ぶ運送・配送ドライバーと、お客様を目的地まで送り届けるタクシー・バスドライバーの大きく2種類にわかれます。

運送・配送ドライバーのように物を扱う仕事では、運ぶだけではなく荷物の積み下ろしなども行うことも多く、体力が求められることもあります。タクシードライバーは、お客様と過ごす時間が比較的に長いので、人と関わることが好きな人にも向いています。

運送ドライバーとタクシードライバーの両方の仕事に共通することは、荷物やお客様を指定の場所まで安全に送り届けるということです。運送業務以外にも車両点検や洗車など常に安全面への気配りが必要です。また、仕事によっては夜間や長距離を運転することもあるため、体調管理もかかせません。

ドライバーの年収と働き方

運送ドライバーの場合は一般的には運送会社に就職して、専属ドライバーとして働きます。運ぶ荷物や運転する車の積載量、実際の走行距離でも給料が変動しますが、基本給に加えて歩合が発生する企業が多く、仕事量に比例して年収も高くなります。

平均年収は以下のように幅広いですが一般的な平均年収よりも高い傾向があります。特にドライバー職は学歴や年齢と年収はほぼ無関係ですので、一般的に平均年収の低い20代前半の若手や60代の中高年で比較するとかなり稼げる仕事になります。

普通~小型ドライバー:300~400万円
大型ドライバー:450~550万円
短距離ドライバー:350~550万円
長距離ドライバー:450~750万円

運転する車種によって必要な免許が違いますが、最近は免許の取得を支援してくれる企業も多いです。

また、タクシードライバー職の平均年収は350~600万円程と言われています。勤務形態は隔日勤という働き方が多く、この場合は1回の仕事時間は18時間程度(休憩時間も含む)と長くなりますが、逆に明け休みも含めると年間休日は230日程度あるので、休みを多くして3連休や4連休を毎月複数回とるなど、自分の時間を持ちたいという人には向いています。安全義務があるので法令順守が厳格に守られており、残業が全くないという特徴もあります。

ドライバーの魅力

ドライバーは基本的に1人で行動することが多いので、集団での仕事が苦手で一人でいることが楽と感じる人には向いている職種になります。また比較的、時間が自由になる仕事でもあるため、定着率が高い傾向にあります。

仕事量もある程度、自分の意思で決められるので、時間や体力に合わせて、ガンガン働きたくさん稼いだり、仕事を減らして自分の時間を作れることも魅力です。

何より、免許という国家資格が必要な業務なので、大型免許や二種免許などを取得すれば、すぐに仕事が見つかり、自分次第で高給が稼げるというのが最大の魅力です。

ドライバーとLGBT

運送ドライバー、タクシードライバーは基本的に性別によって仕事内容がかわることはほとんどありません。

ドライバー職は、制服を男女で同じものに統一している企業が大半です。また、勤務時間の多くを社外で過ごすため、トイレなども決められた場所ではなく個人の意思で選ぶことができるので、トイレに悩むトランスジェンダーにとっては比較的働きやすい環境になります。

こんな人におススメです!
  • 車の運転が好きな人
  • 若いうちから稼ぎたい人
  • 自分のペースで働きたい人
  • 学歴や職歴はないけれど正社員で働きたい人
タイトルとURLをコピーしました