< 接客 > 仕事内容・年収・働き方 LGBTの働きやすさは?

< 接客 >
仕事内容・年収・働き方
LGBTの働きやすさは?

接客の仕事内容

接客業という言葉の意味は広く、お客様に対して何かしらのサービスを提供し、おもてなしをする職業の全般を指します。

店舗にて洋服や書籍などさまざまな物品を販売する販売職も接客業の一つです。

販売職以外では、飲食店でお客様のご案内、注文の確認、食事の提供、会計を行うホールスタッフや、ホテルや旅館などの宿泊施設でお客様対応を行うフロントスタッフ、遊園地などでお客様に説明や案内などを行うアミューズメント施設スタッフ、美容師などの技術職も接客業に含まれます。

接客の年収と働き方

働く業界、役職、担当業務によって給与は大きく異なります。スタッフという役割の場合は、アルバイトという形態で働くスタッフも多いので正社員の平均年収も一般的には低いことが多いです。しかし店長などマネジメント業務なども任されるようになると、年収が高くなる傾向があります。仕事やスキルによっては年収1000万円を超えることもあります。

業界別スタッフの平均年収は以下になります。

飲食店スタッフ:250~450万円
販売スタッフ:250~450万円
宿泊施設スタッフ:200~900万円
テーマパークスタッフ:200~900万円
美容師:200~1000万円

働き方で共通することは、接客業はお客様相手の仕事なので、基本的に出勤日はシフト制であり、働く曜日も土日休みという仕事は少なく、平日を含めたシフト制というケースが多いです。

業界によっても異なりますが、接客業では比較的年齢が若い人が多く、年齢を重ねる中で、スタッフをマネジメントするポジションになっていき、その中でキャリアアップ・年収アップをしていくケースがほとんどです。

接客業は残業が多いといわれることもありますが、実際は業界や企業によりさまざまです。日常的に長時間労働の職場もありますが、ほとんど残業がない職場もあるので、応募を検討する際にはイメージだけでなく、その企業の勤務実態を確認してみることも大切です。

接客の魅力

接客業の最大の魅力は、お客様に直接「ありがとう」と感謝していただけることです。

お客様と距離が近かったり、1日に数百人のお客様と関わることもあるので、コミュニケーションを取ることが大変な場面もありますが、お客様の笑顔やサービスに満足していただくために、スタッフは工夫を凝らして対応にあたります。そのため、お客様に喜んでいただけたときには、大きな達成感を得られます。

また、飲食店や販売スタッフは、売り上げの結果が数字で表れるので、モチベーションに繋がり、積極的に売り上げに貢献しようと思えたり、美容師などの技術職では、指名してもらえるリピーターを増やすことで、ひとりのお客様と深くコミュニケーションが取れ、より満足してもらえることに繋がります。

さらに、マネジメント職やSV(スーパーバイザー)職、本部での仕事などのキャリアアップの可能性があり、中でも店長職は比較的若いうちから任されることも多いです。年収がかなりアップするだけでなく、マネジメント経験を積めることはその後のキャリアの選択肢を増やすことにもつながります。

接客とLGBT

接客業は幅が広いため、LGBTへの理解度合は業界によってかなり異なります。

服装などは、制服着用が義務付けられているケースも多いですが、制服が男女で明確に分かれているケースと分かれていないケース男女の両方ともあります。また制服の指定もなく、私服可という企業もあるので、働く際の服装にこだわりがある人にとっては自分の希望する業界や企業の服装規定をみておくと良いでしょう。

特に高いレベルのホスピタリティや接遇が求められる高級ホテルのフロントや高級レストランの接客などでは、服装だけでなくアクセサリーやメイク、髪の長さなど身だしなみ規則は厳しく定められています。

こんな人におススメです!
  • コミュニケーションを取るのが好きな人
  • お客様の「笑顔」の源になりたい人
  • 若いうちから店長などマネジメント業務に携わりたい人
  • 稼ぎたい人
タイトルとURLをコピーしました